• 007.オルフェウスの冥府下り

007.オルフェウスの冥府下り


死せる妻を求めて・・・

竪琴の名手である詩人オルフェウスは、太陽神アポロンと詩の女神カリオペの恵子とも、トラキア王の息子ともいわれている。彼は樹木のニンフ、エラリユディケと恋をし、ふたりは結婚した。
しかし蜜月は長くは続かなかった。工ウリユディケが野原で毒蛇に噛まれ、命を落としたのだ。愛する妻を失ったオルフェウスは悲しみにくれた。
「エラリユディケにもう一度会いたい、この手に取り戻したい…。そうだ、死者の国へ行き、妻を連れ戻してこよう」
オルフェウスは意を決して冥府に向かった。途中、多くの障害が立ちふさがったが、すべて乗り越え、彼は冥府の王ハデスの前に立ったのである。そして、妻をどれほど愛しているかを、美しい堅琴の調べに乗せて切々と歌い上げたのだ。これにはハデスも心を動かされた。
「よかろう、ともに地上に戻るがよい。エラリユディケはおまえのあとからついていくが、妻がこの冥府を出るまでは、絶対に振り返ってはならぬ(もし振り返ろうものなら、おまえの妻はまたこの冥府に引き戻されてしまうからな」
オルフェウスは喜びで足が地に着かないほどだった。地上への道をたどりつつも、彼はひと目妻の顔を見たいという誘惑に何度もかられた。だが、必死に我慢して歩きっづけたのである。ところが-地上まであと一歩というときになって、ふとその胸に不安がよぎった。
(エウリユディケは、本当に後ろにいるのか?もしかしてハデス王にだまされているのではないだろうか…?)
不安のあまり、明るい地上に足を踏み入れると同時に、オルフェウスは振り返った。しかし、後から続く工ウリユディケは、まだ完全には冥府から抜けていなかったのだ。
「あなた、なぜ振り向いたの…‥?」
悲痛な叫びを残して、愛する妻は霧のように消え去った。彼は自らの軽率さを悔やんだが、すべては後の祭りだった。絶望のあまり、彼はその場に倒れ込んだ。
その後のオルフェウスは、永遠に失った妻を思って毎日、泣き暮らした。そんな彼をトラキアの多くの女性たちが誘惑しようとしたが、オルフェウスはもはや一一度と女性を愛そうとはしなかった。
失望した女性たちは彼に侮辱されたと激怒し、なんとその体を八つ裂きにして川に投げ込んだのである。オルフェウスの死体は海へと流れ、やがて首と竪琴はレスボス島に流れ着いたという。
それ以降、レスボス島は詩と音楽の聖地となった。そして竪琴は天に上がり、こと座となったという。


Translate »