• 010.ギリシア神話最大の英雄

010.ギリシア神話最大の英雄


ヘラクレスの冒険と受難

燃え上がるヘラの嫉妬

ヘラクレスの数奇な運命は、その誕生から始まった。ティリンス王の妻アルクメネを見初めた大神ゼウスは、彼女の夫に姿を変えて思いをとげる。アルクメネは身ごもり、それを知ったゼウスは彼女を祝福した。
「今度生まれるベルセウスの子孫は、人々を支配することになろう」
ベルセウスとは、ゼウスがアルゴス王の娘との問にもうけた恵子で、メドゥーサ退治で知られた英雄である(44ページ参照)。だがこの妊娠を、嫉妬深いゼウスの妻の女神ヘラが知った。そして浮気な夫の鼻をあかすため、同じくべルセウスの血をひくエラリユステウスを1日早く誕生させた。そのため、ゼウスの祝福は彼にもたらされ、ヘラクレスの王となる道は閉ざされたのだ。そして、ヘラの嫉妬によるヘラクレスの受難は、その生涯にわたって続くことになるのである。
彼が生まれると、ヘラは揺りかごに2匹の蛇を放つ。だが、生後間もないこの赤子は、それらを素手で握りつぶした。
成長したヘラクレスはいくつかの武勲をたて、若くして英雄の名声を得ていた。クレオン王の娘と結婚し、3人の子どもにも恵まれた。だが、その幸せが許せないヘラは、彼に狂気を吹き込んだのである。そのあげく、ヘラクレスはわが子を殺してしまった。正気に戻ったヘラクレスは自らを責め、罪を償うための神託を得た。
「おまえは従兄弟の工ウリユステウスのもとに行き、彼に奉仕せよ」
ヘラクレスより1日早く生まれたことで王となっていた工ウリユステウスは、この神託を受け、12の難行をヘラクレスに命じるのである。

人間には達成不可能なほの難行

1番目はネメアの谷に棲む刃物を通さない皮をもつ獅子退治。ヘラクレスは棍棒で殴って獅子を悶絶させ、いとも簡単に絞め殺す。以後、彼はその獅子の皮をはいで頭からかぶり、鎧とした。
次はレルネの沼に棲む9頭の水蛇ヒユドラ退治その頭のひとつは不死で、残りは切っても再び生えてくる。彼は甥の協力を得て8つの首を切った後、即座にその切り口を焼いて新しい首が生えるのを防いだ。さらに不死の頭は地下に埋め、上に大岩を置いた。そして、その血に自分の矢を浸し毒矢を作ったのである。
3番目は黄金の角と青銅のひずめをもつケリユネイアの牝鹿の捕獲。彼は鹿を1年近く追い回した後に捕らえる。
4番目のエリユマントスの凶暴な野猪も、見事生け捕りにした。
5番目は3000頭の午を飼いながら、30年間も掃除していないアウゲイアス王の家畜小屋掃除。ヘラクレスは小屋にふたつの川の水を引き入れ、一挙に汚物を流した。6番目は怪鳥ステユンパデス退治。くちばしも爪も青銅でできたこの鳥を、女神アテナに贈られた音鋼の太鼓を叩いて驚かせ、飛び立ったところを毒矢で射殺した。
7番目にクレタの暴れ牛を生け捕り、8番目のディオメデスの人食い馬も捕らえた。9番目のアマゾンの女王の帯も手に入れたが、ヘラの策略で乱闘となり心ならずも女王を殺してしまう。10番目は3頭3身の怪物グリユオンが飼う牛の奪取。ヘラクレスは、この難行も達成した。
11番目はヘスペリデスの園から黄金のリンゴを盗み出すこと。ヘラクレスはまず、大鷲に内臓をついばまれるという責め苦を受けていたプロメテウスを解放して助言を得た。その助言どおりの場所で、ティタン神族のアトラスが天空を支えてい
た。アトラスはいった。
「人間のおまえは、ヘスペリデスの園に入ることはできまい。代わりにわしが取ってくるから、それまで天空を支えておいてくれ」
そしてアトラスは、天空をヘラクレスの肩に移し、ヘスペリデスの国からリンゴを持ち帰った。
だが彼は、再び天空を担ぐことに嫌気がさしており、このままヘラクレスに任せることを考えていた。そこで彼にこういった。
「リンゴはわしが代わりに届けてやろう」
それに乗るまいとヘラクレスは一計を案じた。
「わかりました。では、しつかり支えるにはどう持てばいいか、見本を見せてください」
承知したアトラスが天空をその肩に移したところで、ヘラクレスはリンゴを持って立ち去った。アトラスは自由になれる唯一の機会を、こうして逸したのである。

妻の疑心が招いた死

最後の難行は冥府の番犬ケルベロスを連れてくることだった。ケルベロスは頭が3つ、蛇でできたたてがみ、竜の尾を持つ怪物である。ヘラクレスは冥府の王ハデスの許可を得て、素手でこれを生け捕りにする。
こうして12の難行を達成し、へ一フクレスの英雄としての名声は、より上がった。ヘラの憎しみはさらに増し、彼の受難は続く。
あるときヘラクレスは、妻デイアネイラを伴って旅に出た。ケンタウロス族のネッソスは彼らに近づき、隙を見て妻を犯そうとする。ヘラクレスは彼を毒矢で射殺するが、瀕死のネッソスはデイアネイラにささやく。
「おまえの夫が別の女に心を移しそうなとき、私の血を使うとよい。愛が戻るぞ」
その後、ヘラクレスはある国を攻め、王女を捕虜として連れ帰ることにした一これを知った妻は夫の変が王女に移るのを恐れ、ネッソスの血を塗った服を夫のもとに送る。
何も知らないヘラクレスが服を身につけると、血に含まれていたヒユドラの毒が体に回り、彼の肉をただれさせた。その様子を陰から見ていたデイアネイラは、絶望のあまり自殺した。苦しみもだえるへ一フクレスは、部下に命じて薪を積ませ、その上に身を横たえ、炎に包まれて死ぬ。
ヘラクレスは、父ゼウスによって天に上げられる。ここでやっとヘラの憎しみもおさまり、ヘラクレスは彼女と和解する。そしてヘラの娘で青春の女神へベと結婚して、オリンボスの神々のひとりとなったという。


Translate »