• 008.その悪意で世界を滅びへと導く

008.その悪意で世界を滅びへと導く


悪神ロキのもたらした災い

個性的な北欧神話の神々の中でも、とくに印象的なのが火の神ロキだ。彼は巨人族の血を引きながらもオーディンの義兄弟となり、アスガルドで暮らす。機知に富み、神々の急場を幾度も助けるが、悪意に満ちたいたずらを仕掛けては、神々を混乱させ苦しめる。
また、ロキと巨人族の妻との間に生まれた子が、ミッドガルドに巻きっく大蛇ヨルムンガンド、魔狼フェンリル、冥府の女王ヘルの3人で、彼らはやがて世界を破滅させる存在となるのだ。
ロキに関する逸話に、次のようなものがある。
--あるときロキは、トールの妻の金髪を切ってしまう。そして、罰としてかつらを求めてドワーフの国を訪れる。だが、その地で宝物作りの競争を引き起こしたあげく、数々の宝物をアスガルドに持ち帰る。怒ったドワーフは彼を訴え、神々の裁定によって勝訴した。賠償としてドワーフはロキの頭を要求するが、ロキは「負けたら頭をやるとはいったが、首に傷をつけていいとは約束していないぞ」 といい負かした。このときの宝物がオーディンの槍、トールのハンマー、フレイの船などである。
このように、彼のすることは結果として神々のプラスになることもあったが、厄介事のほうが多かった。
こんな詰もある。ロキは鷹におどされ、女神イドウンが番をしていた「売春のリンゴ」を盗んだ。
リンゴは神々の若さの源であり、これを食べられなくなった神々は、腰が曲がり年老いてしまった。結局、真実は神々の知るところとなり、ロキはリンゴを取り戻しにいくのだが、アスガルドに招いた混乱は大きかった。
ところで、ロキの引き起こした最悪の事件といえば、やはりパルドルの死だろう。
ロキは事件後、神々の宴に乱入。彼の死の真相を明かすとともに、神々の過去の罪や恥辱を暴きたて、彼らに恥をかかせた。激怒した神々の復讐を恐れ、ロキは魚に変身して川に隠れた。だが、オーディンに見つかって捕らえられ、洞穴に幽閉されたのである。
ロキは恵子の腸で岩に縛られ、頭上に毒蛇をくくりつけられた。いつもは2番目の妻シギュンが器を持って、滴り落ちる蛇の毒を受けているが、その器がいっぱいになって彼女が捨てに走る問は、毒が彼の顔を直撃する。するとロキは、大地が震えるほどの大声で叫び、身をよじって苦しむのだ。
これが地上でいう地震なのである。
最終戦争ラグナロクが勃発すると、ロキは巨人族につき、怪物の子どもたちを率いて神々に戦い
を挑むのだ。


Translate »