• 009.天津神による征服か?

009.天津神による征服か?


国譲りと天孫降臨

地上に神々が増え、統治が混乱しているさまを見て、高天原のアマテラス大神は考えた。そしてタカミムスビ神と相談し、自分の子を地上に送って彼らを説得し、治めさせることにした。
だが、最初に送った神は地上の混乱に怯え、逃げ帰ってきた。その後もアマテラスは神々を送り込んだが、いずれも地上の神の指導者であるオオクニヌシ神に懐柔され、説得どころか、安穏と住みついてしまう有様だった。
業を煮やした高天原が最後に送り込んだのが、タケミカヅチ神(建御雷之男神) であった。
- オオクニヌシの宮殿がある出雲国の小浜に着くと、タケミカヅチは剣を抜いて波頭に逆さに立て、その切っ先にあぐらをかいて座った。

そして、オオクニヌシを威嚇したのである。
「われらは高天原の使いだ。この葦原中国(地上)はアマテラス大神の御子が治めることになっている国である。おぬしはこのことをどう考えているのか?」 オオクニヌシは答えた。
「私には答えられぬ。わが子のコトシロヌシ神(事代主神)に聞け」 そこでタケ三力ヅチはコトシロヌシを呼んだ。
すると彼は、父に向かって答えた。
「わかりました。この国を奉りましょう」
息子の言葉を受け、オオクニヌシは自分の宮殿を高天原に匹敵するほどの壮麗なものにしてくれれば、他の神々を説得し、平和のうちに国を譲ると約束したのである。
オオクニヌシ親子が、なぜあっさりと国譲りに同意したのかは不明である。ともあれタケミカヅチは使命を果たし、高天原に引き上げた。
地上の平定を知ったアマテラスは、孫のニニギ命(遜適芸命)を統治者に任命した。
大神の命に従い、ニニギが降ろうとすると、道筋の途中の辻に立ち、上は高天原を下は葦原中国(地上)を明るく照らす神がいる。驚いたアマテラスがアメノウヅメ命にその正体を尋ねさせたところ、天孫を案内するために地上から来た、サルタヒコ神(猿田彦神)とわかった。改めて降臨するニニギに、アマテラスはアメノウヅメら5人の神を随伴させ、さらに知恵の神のオモイカネ神(思金神)ら3人も同行させた。そして彼女はニニギに玉飾りと八爬鏡、そして草薙剣を授けて、
「この鏡を私の御霊と思い、私を祀るのと同様に祀るように」
一行は出発し、幾重もの雲を分けて地上を目ざした。そして、ついに筑紫国の日向の霊峰・高千穂に降り立った。ニニギはこの地に宮殿を築き、住まいとしたのである。


Translate »